無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ソラ恐ろしいお話し。航空自衛隊を元気にする10の提言 | トップページ | 海賊対策で特措法策定へ=ソマリア沖に限定-超党派議連 »

2008年11月20日 (木)

費用60億円の迎撃ミサイル発射実験、海自が失敗

ホラネ!(高田)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081120-OYT1T00435.htm?from=top
費用60億円の迎撃ミサイル発射実験、海自が失敗

 防衛省に入った連絡によると、海上自衛隊のイージス艦「ちょうかい」は19日午後4時20分(日本時間20日午前11時20分)ごろ、米ハワイ沖の太平洋上で弾道ミサイルを大気圏外で迎撃するミサイル「SM3」の発射実験を行ったが、失敗した。

 海上発射型による弾道ミサイル防衛の実射実験は昨年12月、イージス艦「こんごう」が成功しており、今回が2回目の実験。今回の実験失敗は日本が進めるミサイル防衛(MD)の計画についても大きな影響を与えるとみられる。

 海自側は前回、米軍側が模擬弾を発射する時間を事前に知らされていたが、今回は知らされていなかった。実験は実戦形式で行われ、ちょうかいがレーダーを使って模擬弾発射を探知して、追尾、実際にSM3を発射したが、模擬弾の迎撃に失敗したという。実験にかかった費用は約60億円とされる。

 日本のミサイル防衛は、海上からイージス艦が迎撃ミサイルSM3を発射し、撃ち漏らした場合、地上発射型の地対空誘導弾PAC3が再迎撃する二段構えとなっている。

 今年9月には、米ニューメキシコ州でPAC3の実射実験が成功していた。
(2008年11月20日14時03分  読売新聞)

« ソラ恐ろしいお話し。航空自衛隊を元気にする10の提言 | トップページ | 海賊対策で特措法策定へ=ソマリア沖に限定-超党派議連 »

「国内情勢」カテゴリの記事