無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 一体、誰のおかげで総理になれたと思ってるんだ | トップページ | 田母神空幕長の論文と、抗議行動 »

2008年10月31日 (金)

空幕長、過去の侵略否定論文 集団的自衛権行使も要求

イラク派兵差し止め訴訟の名古屋高裁判決に対し「そんなの関係ねえ」と言い放った田母神航空幕僚長の発言である。怒りの抗議を巻き起こし、こんなやつをクビにすべきだ。(高田)
http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008103101000632.html

空幕長、過去の侵略否定論文  集団的自衛権行使も要求

 防衛省の田母神俊雄航空幕僚長が、過去の中国侵略や朝鮮半島の植民地支配を「わが国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者」「条約に基づいたもの」とした上で「わが国が侵略国家だったなどというのはまさにぬれぎぬ」と主張する論文を発表していたことが31日、分かった。論文は、政府の憲法解釈で禁止されている集団的自衛権行使や「攻撃的兵器」の保有解禁も事実上要求している。

 空自トップの制服組が、侵略、植民地支配を正当化する歴史認識を示し、憲法にも異を唱えるような論文を公表したことは、中韓両国などの反発が必至の上、シビリアンコントロール(文民統制)の観点からも論議を呼びそうだ。

 論文は「日本は侵略国家であったのか」と題し、19世紀後半以降の日本の朝鮮半島や中国への軍事的行動について「相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない」と主張。

 論文はマンション・ホテル開発企業「アパグループ」(東京)主催の懸賞論文で、31日に最優秀賞(懸賞金300万円)を受賞したとして公表された。

防衛省代表電話03-3268-3111  03-5366-3111

« 一体、誰のおかげで総理になれたと思ってるんだ | トップページ | 田母神空幕長の論文と、抗議行動 »

集団的自衛権」カテゴリの記事