無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 超党派48人が靖国参拝=閣僚は姿見せず | トップページ | 首相、対海賊に海自の活用検討 新法整備で憲法論議も »

2008年10月17日 (金)

蓑輪喜作さん=1人で「9条」署名1万4700を集めた

10月4日の毎日新聞「ひと」の欄掲載記事です。しばらく、サイトで見つけられなかったので、遅ればせながらの掲載。写真がよかったのですが。
 「黙々とやり続ける人間がいること。それが世の中を変えていくんだなと思っています」と、こんな素晴らしいことをおっしゃる蓑輪さん。
一昨日もお宅をおじゃましましたが、この新聞の記事に寄せて全国から手紙やはがきが届いていました。9条署名は1万5千を超したそうです。2万になったら、どーんとなにかお祝いの会をやりたいものです。(高田)

http://mainichi.jp/select/opinion/hito/news/20081004ddm003070109000c.html
ひと:蓑輪喜作さん=1人で「9条」署名1万4700を集めた
 ◇蓑輪喜作(みのわ・きさく)さん(79)

 憲法9条を守ってください--ただそれだけの署名を集め始めたのは05年暮れだった。初めは3カ月でわずか210。それでも、豪雪地帯の古里、新潟県の山村ではぐくまれた越後魂で自宅近くの武蔵野公園(東京都小金井市)に毎日通い、家族連れや若者に声をかけ続けた。

 山の小学校の用務員を44年務めた。子供と向かい合った経験が、人の心を開かせる。若い母親と育児談議をしたり、格差社会の厳しさを嘆く若者の話を、半日ただ聞いたこともある。

 国民学校を卒業後、通信兵となって戦地に赴くはずが、雪で講習所の面接通知が届かず命拾いした。「少年兵として戦死した友もいる。当時は身長147センチで少年兵合格でした。そんな話を若者が真剣に聞いてくれる。若者が政治に無関心だなんてうそ。一番よく署名してくれます」

 この夏も、頭と帽子の間にぬれたハンカチをはさんで歩き続けた。最近は府中運転免許試験場近くの路上にも立ち、8月には850も集めた。「びっくりした。世の中がいい方に変わってきている。『9条って何』って聞かれることも少なくなりました。今じゃ署名集めが楽しくてね」と、なんともいえない笑顔。署名はこの秋にも、国会にいったん提出する。

 「黙々とやり続ける人間がいること。それが世の中を変えていくんだなと思っています」<文と写真・太田阿利佐>

==============

 ■人物略歴

 「9条の会・こがねい」会員。著書に署名活動を短歌でつづった「九条署名の一年」(光陽出版社)

毎日新聞 2008年10月4日 東京朝刊

« 超党派48人が靖国参拝=閣僚は姿見せず | トップページ | 首相、対海賊に海自の活用検討 新法整備で憲法論議も »

「護憲」カテゴリの記事