無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(55)近所の公園の林 | トップページ | 空幕長、過去の侵略否定論文 集団的自衛権行使も要求 »

2008年10月31日 (金)

一体、誰のおかげで総理になれたと思ってるんだ

表題のせりふはありそうですね。共同通信に自民党は訂正を迫ったが、協同は応じていない。もともと自公の関係は醜い関係です。(高田)

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2008/10/29/02.html

脅されてもナイショ…麻生首相 解散先送り

 麻生首相は、世界的な金融危機と景気後退の深刻化を受け、衆院解散・総選挙を当面見送る意向。「当面は政治空白をつくることはできない。景気、金融対策を優先させる」との方針を与党側に伝えた。30日に予定する追加経済対策発表に合わせ、解散見送りを正式に表明する考え。次期衆院選は年明け以降に先送りされる見通しだ。

 ただ、支持率低迷が続いた福田康夫前首相に見切りをつけ、選挙の顔として首相を押し上げる原動力の一翼を担った公明党内では先送りへの不満は強い。太田昭宏代表と北側一雄幹事長は26日夜、都内で首相と密会し「一体、誰のおかげで総理になれたと思ってるんだ」と早期解散を迫った。さらに「11月末が駄目な理由を言ってくれ。駄目なら、この時期に解散すれば勝てるんだという戦略を示してくれ」と食い下がったが、麻生首相は「言えない」の一点張り。太田氏が「このままでは福田と同じになってしまうぞ」と“麻生おろし”までちらつかせたが、約1時間続いた会談は物別れに終わった。この間、首相は一口もコーヒーに口をつけなかった。。


http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=pol_30&k=2008102900873

衆院解散をめぐる共同通信記事に抗議=与党

 自民党の大島理森国対委員長は29日、共同通信社が28日に配信した衆院解散をめぐる麻生太郎首相と太田昭宏公明党代表らとのやりとりを報じた記事について「該当する事実は認識されていない。間違いであることを認めた上で訂正と謝罪を求める」として、同社に文書で抗議した。
 大島氏はこの後、記者団に「『怒号が飛び交った』などの表現を用い、首相と公明党幹部の間に不信感が生じたかのような描写が書かれている。記事は内外に深刻な誤解を招きかねない」と語った。公明党も「事実無根」とする抗議文を同社に提出した。
 また、首相も「怒鳴り合ったり迫ったりという話は全く違う」と記者団に述べた。
 共同通信社の清野勘一編集局次長は「わが社の配信した記事について抗議を受けましたが、信頼できる情報に基づいて記事化したものだ」とコメントした。 (了)

« 雑記(55)近所の公園の林 | トップページ | 空幕長、過去の侵略否定論文 集団的自衛権行使も要求 »

「国内情勢」カテゴリの記事