無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 新刊『自衛隊ではなく、9条を世界へ』 | トップページ | インド洋派兵給油新法延長反対10.14国会前行動 »

2008年10月14日 (火)

内閣支持率下落・読売調査

内閣支持率が下落した。3.6%。これを微減というか。(高田)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081012-OYT1T00507.htm
内閣支持率微減し46%「選挙より景気対策」7割…読売調査
世論調査・支持率

 読売新聞社が10~12日に実施した全国世論調査(電話方式)によると、麻生内閣の支持率は45・9%で、内閣発足直後の前回(9月24~25日実施)を3・6ポイント下回った。

 不支持率は38・6%で5・2ポイント増えた。米国発の金融危機に関連しては、「今は衆院選より景気対策を優先するのがよい」と思う人は70%で、「衆院選後に景気対策に取り組むのがよい」の25%を上回った。

 世界的な金融危機と株価急落が、今後の日本の景気に悪い影響を与えるという不安を感じる人は88%に達した。

 衆院選はいつ行うのがよいかを聞いたところ、「来年9月の任期満了までに行えばよい」34%が最も多く、「来年春ごろ」23%と合わせると約6割が来春以降を望んでいた。「今すぐ」は25%、「年末・年始」は12%だった。衆院比例選で投票しようと思う政党では、自民39%(前回比2ポイント増)、民主31%(同2ポイント増)で大きな変化はなかった。政党支持率は自民38・7%(同1・3ポイント増)、民主24・3%(同1・5ポイント増)だった。

 インド洋での海上自衛隊の給油活動継続については「賛成」47%が、「反対」40%を上回った。
(2008年10月12日22時05分  読売新聞)

« 新刊『自衛隊ではなく、9条を世界へ』 | トップページ | インド洋派兵給油新法延長反対10.14国会前行動 »

「国内情勢」カテゴリの記事