無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(48)続、沢田研二の我が窮状 | トップページ | 名古屋高裁判決・東京行動(10月1日) »

2008年10月 1日 (水)

集団自衛権 議論を指示/首相“国会の場で早く”

赤旗紙の報道である。
これに関連して、毎日新聞の報道では、麻生が中山ら自民党憲法審議会の幹部3人と会談。中山が首相の解釈見直し発言に対して「見直しは国会の場で」と述べたのに対して、「国会で議論してほしい」とのべ、中山らが行使が違憲とされてきた経緯を報告すると、「憲法審査会を早く宇動かして、議論してほしい」と指示したという。末尾に時事通信の記事を添付した。
麻生は中川昭一らと同じで、どちらかと言えば自公民協調を重視する中山らの姿勢に不満があるようだ。麻生が指示したのだから、憲法審査会始動への動きは強まることになりそうだ。麻生から目が離せない。(高田)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-10-01/2008100101_03_0.html
集団自衛権 議論を指示/首相“国会の場で早く”

 麻生太郎首相は三十日、首相官邸で自民党の中山太郎憲法審議会長らと会談し、海外での武力行使を可能にする集団的自衛権の行使について、「国会に設置されている憲法審査会を早く動かして、与野党一体となって国民のために議論してほしい」と述べました。(2面に解説)

 また、中曽根弘文外相は同日、麻生首相の憲法解釈変更の考えについて問われ、「安全保障の環境は変わってきた。国連平和維持活動(PKO)で一緒にいる外国軍、近海で共同演習している米軍が攻撃された場合、どうするかを考えておかないといけない」と述べました。

 麻生首相は二十五日、ニューヨークの国連本部で記者団の質問に答え、集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈について「基本的に変えるべきものだとずっと言っている」と述べていました。これまで政府は、集団的自衛権の行使について「憲法上許されない」という立場をとってきました。

 しかし、安倍晋三元首相は昨年五月、米軍と海外で共同作戦を行うことを念頭に、公海上で併走中の米艦船が攻撃を受けた場合など四類型で集団的自衛権の行使の可否についての研究を指示。諮問を受けた「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」は今年六月、福田康夫前首相に対し、憲法解釈の変更によって「可能」とする「報告書」を提出していました。福田前首相は集団的自衛権の解釈変更に慎重姿勢を示し、同報告書は事実上放置されてきました。

解説
首相発言 憲法審査会始動狙う

 麻生太郎首相が集団的自衛権の議論の場に指示した憲法審査会は、二〇〇七年五月に強行された改憲手続き法に基づく機関です。衆参各院に設置され、改憲原案の審査権限を持っています。

 安倍自公政権が同年夏の参院選で惨敗したため、野党の反対で、同審査会の定員や審査のルールを定める審査会規程がいまだに議決されず、始動していません。改憲派は、憲法審査会の始動の遅れに焦りを強めています。

 憲法審査会は「日本国憲法に密接に関連する基本法制」についての調査を行うことも権限としています(国会法一〇二条の六)。改憲手続き法案審議の中では、集団的自衛権の行使についての憲法解釈の見直しも「九条に密接に関連するものとして当然(行われる)」(自民党・船田元衆院議員)とされていました。

 麻生首相の発言は、集団的自衛権の行使に向けた憲法解釈の変更をおしすすめるとともに、改憲策動の場となる憲法審査会の始動をはかる狙いがあるといえます。(中祖寅一)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008093001019
集団的自衛権「国会で議論を」=麻生首相

 麻生太郎首相は30日夕、首相官邸で自民党の中山太郎憲法審議会長らと会談した。中山氏は、首相が集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を変更する必要性に言及したことについて、国会で議論すべき問題だと指摘。首相は「国会に設置されている憲法審査会を早く動かして、与野党一体となって国民のために議論してほしい」と求めた。(了)
(2008/09/30-19:54)

« 雑記(48)続、沢田研二の我が窮状 | トップページ | 名古屋高裁判決・東京行動(10月1日) »

集団的自衛権」カテゴリの記事