無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 内閣支持率世論調査 | トップページ | 「言い過ぎた」「辞任の考えはない」 国交相の謝罪一問一答 »

2008年9月26日 (金)

集団自衛権、解釈変更が必要=麻生首相

総裁選では何も言わず、首相になったらこんなことを言い出した。麻生首相の危険な路線を暴露し、総選挙ではどうしても麻生自民党を敗北させねばならない。(高田)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008092600270
集団自衛権、解釈変更が必要=麻生首相

 【ニューヨーク25日時事】麻生太郎首相は25日夜(日本時間26日午前)、集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈について「基本的に変えるべきものだとずっと言っている」と述べた。ニューヨークの国連本部で記者団の質問に答えた。
 首相は、外相時代を含めて、以前から解釈変更の必要性を主張していた。ただ、新テロ対策特別措置法に基づき海上自衛隊が行っているインド洋での給油活動に関しては「補給活動は憲法違反ではないから、このために集団的自衛権の解釈を直ちに変える必要はない」と述べ、活動継続の是非とは分けて議論すべきだと指摘した。 (了)

http://www.asahi.com/politics/update/0926/TKY200809260073.html
麻生首相、集団的自衛権容認へ「憲法解釈変えるべきだ」


 【ニューヨーク=田伏潤】麻生首相は25日夜(日本時間26日午前)、国連総会での演説後、記者団に対し、集団的自衛権の行使について「基本的には(憲法の)解釈を変えるべきものだと、これまでずっと同じことを言っている」と語った。憲法の解釈を変更して、集団的自衛権の行使を容認できるようにすべきだとの持論を説明したものだ。

 ただ、首相は「集団的自衛権の解釈を今すぐ直ちに変える必要はないと思う」とも述べ、当面は政府見解を変更しない方針も示した。

 集団的自衛権の行使をめぐっては、安倍元首相が置いた「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長・柳井俊二元駐米大使)が憲法解釈の変更を福田前内閣に求めたが、棚上げされていた。衆院選の結果次第で、再び焦点となる可能性もある。

 一方、報道各社の世論調査で、麻生内閣の支持率が5割を切っていることについて、首相は「仕事をしたうえでの評価でないと、見た目だけでどうのこうの言われてもあまり興味ない」と述べた。

http://www3.nhk.or.jp/news/k10014359441000.html#
“集団的自衛権 議論慎重に”

河村官房長官は、閣議のあとの記者会見で、麻生総理大臣が集団的自衛権の行使を将来的には認めるべきだという考えを示したことについて「日本の専守防衛の国のあり方は非常に大事で、慎重に議論すべき課題だ」と述べました。

麻生総理大臣は、日本時間の26日朝、訪問先のニューヨークで記者団に対し、政府が憲法解釈上認められないとしている集団的自衛権の行使について「基本的に解釈を変えるべきものだと、ずっと言っている」と述べ、将来的には認めるべきだという考えを示しました。これについて、河村官房長官は、26日、閣議後の記者会見で「日本の専守防衛の国のあり方は非常に大事なものであり、当然議論はあってよいと思うが、日本の国の形を考えるうえで慎重にすべき課題だ」と述べました。また、浜田防衛大臣は「衆議院の解散・総選挙があるかもしれないなかで、いきなり表面上だけの議論をするのはきわめてよくない。もう少し腰を落ち着けてゆっくりと話をしたほうがよい」と述べ、今は議論する環境にないという認識を示しました。

« 内閣支持率世論調査 | トップページ | 「言い過ぎた」「辞任の考えはない」 国交相の謝罪一問一答 »

集団的自衛権」カテゴリの記事