無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「言い過ぎた」「辞任の考えはない」 国交相の謝罪一問一答 | トップページ | 産経新聞【主張】首相国連演説 給油継続をどう実現する »

2008年9月26日 (金)

産経・麻生内閣支持率44・6% 福田内閣下回る

産経新聞の調査は他社と異なり、比例で投票したい政党が民主が自民を上回った。政党支持率では自民が民主を上回っている。(高田)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080926/stt0809261143008-n1.htm
麻生内閣支持率44・6% 福田内閣下回る 本社・FNN世論調査
麻生内閣誕生を受け、産経新聞社はFNN(フジニュースネットワーク)と合同で25日、世論調査を実施した。内閣支持率は44・6%で、発足直後の支持率としては福田康夫前内閣の55・3%を下回り、平成5年の細川護煕内閣以降の10内閣のうち、下から3番目という低水準となった。政党支持率は自民党が31・7%で民主党(25・9%)を5・8ポイント上回ったが、この差は自民党総裁選告示直前の前回調査(今月10、11日)とほとんど変わらなかった。

 自民党が見込んだ「総裁選効果」や「ご祝儀相場」はみられず、新内閣発足の勢いで衆院解散・総選挙に臨むという自民党のシナリオ通りにはならなかった。

 その他の政党支持率は公明党4・1%、共産党2・5%、社民党1・3%、国民新党0・1%、新党日本0・1%。支持政党なしは32・3%だった。

 麻生首相と民主党の小沢一郎代表に対するイメージを「指導力」「演説」「討論」など6項目で評価してもらった。指導力で麻生首相49・7%、小沢氏39・5%となるなど、すべての項目で首相が小沢氏を上回り、「党首力」の差を見せつけた。

 だが、次期衆院選の比例代表で投票したい政党は自民党36・0%(前回比1・7ポイント増)、民主党39・3%(同4・1ポイント増)で、民主が自民を3・3ポイント上回った。次の衆院選で自民党、民主党のどちらかに勝たせたいかとの設問では、自民40・7%、民主48・5%とさらに差が開いた。

 臨時国会で重視すべき課題では「補正予算成立」が最も多く31・1%。「できるだけ早い衆院解散・総選挙」も28・7%、「米国発の金融不安への対応」を挙げる人も22・6%いた。

 衆院解散・総選挙を望む時期は「年内」が32・7%で最も多く、次いで来秋の「任期満了または来年後半」29・4%、「来年前半」17・2%で、「すぐに」は16・6%だった。

« 「言い過ぎた」「辞任の考えはない」 国交相の謝罪一問一答 | トップページ | 産経新聞【主張】首相国連演説 給油継続をどう実現する »

「国内情勢」カテゴリの記事