無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 麻生太郎妄言録 | トップページ | 9・24院内集会 »

2008年9月24日 (水)

日本の役割拡大で温度差=両大統領候補の外交顧問が討論-米

この記事は注目しておきたい。米国大統領選挙からも目がはなせない。(高田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080923-00000060-jij-int
日本の役割拡大で温度差=両大統領候補の外交顧問が討論-米

9月23日14時28分配信 時事通信

 【ワシントン23日時事】米大統領選候補の共和党マケイン、民主党オバマ両上院議員のアジア外交顧問による公開討論が22日、ワシントン市内で行われた。両陣営とも日米同盟重視の方針では一致したが、マケイン陣営が安全保障面での日本の役割拡大を促していく考えを強調したのに対し、オバマ陣営は日本の民意を尊重すべきだと訴え、温度差が見られた。
 マケイン陣営のグリーン前国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は、日本が経済力に見合った役割を安全保障面でも果たす必要があるとの認識を示した上で、「マケイン氏が大統領になれば、日本に役割拡大の道を進むよう促していく」と明言。日本の国連安保理常任理事国入りも後押しする考えを示した。
 これに対し、オバマ陣営のジャヌージ上院外交委員会事務局幹部は「日本が世界でどの程度の役割を果たすのかは、ワシントンにいる人間ではなく、日本国民自身が決めることだ」と指摘。「日本国民が望まない領域もあるかもしれない」と述べ、憲法改正や自衛隊派遣について米側の意向を押し付けるべきではないとの立場を示した。 

« 麻生太郎妄言録 | トップページ | 9・24院内集会 »

「国際情勢」カテゴリの記事