無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(43)ドングリとぎんなん、ねこじゃらし | トップページ | 人権を踏まえた視点がありますか。華麗な家柄だけど、人を平等に考えない。 »

2008年9月15日 (月)

靖国問題、A級戦犯の分祀で一致 自民総裁選5候補

靖国問題で5候補言及。しかし分祀すればいいということではない。(高田)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080915AT3S1401014092008.html
靖国問題、A級戦犯の分祀で一致 自民総裁選5候補

 自民総裁選に立候補している石原伸晃、小池百合子、麻生太郎、石破茂、与謝野馨の5氏は14日のテレビ朝日番組で、靖国神社からA級戦犯を分祀(ぶんし)することが望ましいとの見解で一致した。

 石破氏は「戦争に行けと言った側と、それを信じてお国のために行った側とは(立場が)全く違う」と主張。石原氏も「外国の元首が戦没者に手を合わせられる場所に変えていただきたい。戦争指導者と赤紙で召集された側は違う」と述べた。

 小池氏と与謝野氏は、分祀をして天皇陛下や皇族も参拝できる環境づくりが必要だとの見解で足並みをそろえた。与謝野氏は「国家の慰霊行事を日本武道館という借りた会場でやるのは残念だ」とも強調した。

 ただ、A級戦犯の分祀には宗教法人の靖国神社が反対している。これについて麻生氏は「この(重要な)話を一宗教法人に丸投げし、国が逃げていることが問題だ」と指摘した。(07:01)

« 雑記(43)ドングリとぎんなん、ねこじゃらし | トップページ | 人権を踏まえた視点がありますか。華麗な家柄だけど、人を平等に考えない。 »

「護憲」カテゴリの記事