無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 山谷えり子補佐官更迭 | トップページ | 与党の解散戦略 »

2008年8月22日 (金)

給油新法は副次的な効果有りと、町村が苦しい弁明

本日の閣議のあとの官房長官記者会見。タンカー乗っ取りについて、給油新法はそれを直接に目的としているわけではないが、「副次的な効果」があると、苦しい弁明。「副次的な効果」などというのであれば、何にでも拡大できる。こんなでたらめな法解釈はあり得ないことは明らかだ。町村官房長官自身が、福田発言などが正当性にかけることを裏書きしたような者。(高田)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080822/stt0808221302004-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080822/stt0808221302004-n2.htm
【タンカー乗っ取り事件】

「閣議については以上でありますが、あの、1、2の方からですね、8月21日11時47分に発生したアデン湾の海賊事件の少し詳しい状況を教えてもらいたいというご依頼がございましたので、お話をしておきますけれども、これはですね、船籍も所有会社も運航会社も日本ではない。そういう意味では日本関係船舶ではないんですが、管理会社というのがありまして、これが興洋海運という日本の会社でありますが、その興洋海運。管理会社である興洋海運の子会社と思われる興洋海運エイシア。
これはシンガポールの法人ですが、これが運航会社という意味で、だから、最大限広く見れば、これが日本関係船舶といえないこともないことはないという関係にあるようでございます。フランスを発ってインドに行く途中というイエメン沖で、高速艇2隻に乗った海賊に襲われたということで、被害の状況等は必ずしもまだ詳しく分かっているわけではございません。で、世界全体ではですね、この海賊というものは今、いろんな面での管理がだんだん、だんだん進んできてまいりまして、全体としては少し減り気味なんですけれども、このソマリア周辺海域。アデン湾とか紅海とか、あるいはソマリア沖。ここだけは少し増えてきておりまして、2006年が20件、2007年が44件、2008年が上半期だけで24件という具合にですね、増えてきております。これはたとえば2007年の44件というのは世界全体263件の16.7%ということで、ここの比率が世界的にはむしろ高まってきている状況ということでございます。したがいまして、それを直接的に目的としている給油活動ではないわけではありますけれども、しかし、副次的な効果として海上輸送の安全に寄与していると。日本の原油の輸入の大動脈であるインド洋を中心とする海上輸送の安全に大変寄与しているのが補給支援活動であると、こういう位置づけをしているわけでございまして、そういう意味から、この活動が大変重要であると。日本と何の関係があるんだという向きがありますが、直接の目的ではないけれども副次的な効果としてわが国の国益にまさに合致する、そういう補給支援活動であるということは言えるわけでございます。もしこうした海上の警戒活動がなかりせば、もっともっとこの地域の海賊行為が増え、そして、日本の原油輸入等、あるいは日本の、これは観光船もですね襲われたりしたこともありますけれども、そうした面での被害がもっと増えるであろうということを考えたときに、この補給支援活動の重要性というのは、もちろん国際的なテロ対策ということが主たる理由でございますけれども、ま、副次的な効果としてそういう効果が直接的に日本にもあるんだということを改めて強調をしたいと思います。私からは以上でございます」

« 山谷えり子補佐官更迭 | トップページ | 与党の解散戦略 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事