無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 給油新法は副次的な効果有りと、町村が苦しい弁明 | トップページ | アフガンで日本人拉致か »

2008年8月24日 (日)

与党の解散戦略

福田内閣と与党が解散/総選挙対策に走り出した。福田はまだオズオズとであるが、公明党や、中川昭一らの批判は厳しい。バラマキで、支持率を回復し、勝機を見つけたら解散だというのである。この党利党略の無責任な連中を許せるものか。(高田)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/
GDPで10位以内復帰へ、経済版「福田ビジョン」来春策定

 福田首相は23日、20年後に国民1人当たりの国内総生産(GDP)を世界10位以内に押し上げるための中長期的な経済ビジョンを策定する方針を固めた。

 首相が目指す「ストック型(持続可能)社会」への指針となるもので、有識者らの意見も聞き、来春の策定を目指す。次の臨時国会冒頭の所信表明演説で正式表明する意向だ。

 日本の1人当たり名目GDPは、経済協力開発機構(OECD)の加盟国の中で、1993年の2位をピークに下落傾向が続き、2006年には18位まで落ち込んでいる。このため、首相は日本経済復活に向け、経済分野を中心に「日本社会のあるべき姿」を具体的に示す必要があると判断した。

 ビジョンでは、少子高齢化の進行や中国などの新興国の台頭を踏まえ、国民が生み出した「富」の量を表すGDPを目安に、日本が生産性を高めるための方策を示す。生産性向上によって税収を増やし、国民一人一人の生活を豊かにすることにもつなげたい考えだ。社会資本整備や地域再生・地方分権、低炭素社会づくりのあり方も柱となる。

 ビジョン策定は、社会保障に加え、経済社会構造改革も担当することになった伊藤達也首相補佐官(社会保障担当)が中心となる。

 首相は、6月に発表した温室効果ガスの大幅削減を図る「福田ビジョン」に続く「経済版福田ビジョン」と位置付ける考えだ。中長期的な視野で政策課題に取り組む姿勢を示すことで、早期の衆院解散や首相交代を求める声をけん制する狙いもあるとみられる。
(2008年8月24日02時09分  読売新聞)

「臨時国会で一気に解散を」公明副代表
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080823/stt0808232022004-n1.htm
 公明党の東順治副代表は23日、鹿児島市での自民党議員の会合であいさつし、臨時国会の会期に関し「のんべんだらりと長い国会をやっていたら攻撃の的になる。与党にとっていいことは一つもない」と述べ、短い会期が望ましいとの考えを示した。

 同時に「原油、物価高騰で国民は大型の補正予算を望んでいる」と指摘。「大胆な経済政策をやり、短い国会で、勝機が訪れたら一気に衆院を解散する。それがわれわれの構えだ」と強調した。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080823-OYT1T00773.htm

「何もしない首相はダメ」中川昭一氏が景気対策で発言

 自民党の中川昭一・元政調会長は23日、北海道帯広市の会合で、最近の景気後退に関し、「政府がやれることはなんでもやらなければならない。何も発信しない日本、何もしない政治、何もしない首相はダメだ」と述べ、福田首相が指導力を発揮して積極的な景気刺激策を取るよう強く求めた。

 政府・与党が月内に策定する総合経済対策については、「2~3兆円の財政出動を含めた定率減税、投資減税が必要だ」と指摘した。また、2011年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する政府の財政再建目標について、「黒字化して日本が沈没したのでは世界中の笑い者になる」と語り、先送りを検討すべきだと主張した。
(2008年8月23日22時49分  読売新聞)

« 給油新法は副次的な効果有りと、町村が苦しい弁明 | トップページ | アフガンで日本人拉致か »

「国内情勢」カテゴリの記事