無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 内閣支持率低迷について | トップページ | 世論調査の結果の差について(その2) »

2008年8月 6日 (水)

秋田の市町村長経験者ら12人、9条を守る会結成

本日の河北新報の記事である。宮城県につづいて2番目。現職の湯沢市長が参加している。(高田)
http://www.kahoku.co.jp/news/2008/08/20080806t41006.htm
秋田の市町村長経験者ら12人 9条守る会結成
 憲法九条の改正に反対する秋田県の市町村長経験者らが5日、「憲法九条を守る秋田県市町村長の会」を結成した。同会によると、首長経験者による九条を守る会は、宮城県に次いで全国2番目という。

 呼び掛け人は、元横手市長の千田謙蔵氏ら元市町村長8人で、このほか現職の鈴木俊夫湯沢市長と3人の元市町長経験者が会に加わった。

 同会は今後、県民を対象とした集会を開いたり、護憲を守る会など県内約50の関連団体と連携し、改憲反対の運動を広げていく方針。

 2004年に作家の井上ひさし氏や大江健三郎氏ら9人が集まって発足した「九条の会」のアピールに賛同しており、政治活動とは切り離し、一党一派に偏らず、賛同者を募る。

 呼び掛け人代表の千田氏は「会に賛同する各市町村長は、それぞれの自治体で平和や暮らしを守ってきた自負がある。全国で憲法九条を守る動きは広がっており、会を結成する好機と考えた」と話している。
2008年08月06日水曜日

« 内閣支持率低迷について | トップページ | 世論調査の結果の差について(その2) »

「護憲」カテゴリの記事