無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 世論調査の結果の差について(その2) | トップページ | いまさら「景気、後退局面入り 」だって? »

2008年8月 7日 (木)

 福田政権、どこまで続くぬかるみぞ……。

朝雲最新号の「主張」的な欄「時の焦点」の記事である。福田が「禅譲」話でつり上げたという、「相変わらずの脇の甘さ」を指摘した麻生幹事長の評価が面白い。 「福田政権、どこまで続くぬかるみぞ……」と結んでいる。同紙1面では新任の林芳正防衛相が「補給支援の意義強調、恒久法も『議論すべき』」と述べたことが強調されている。(高田)
http://www.asagumo-news.com/f_column.html

時の焦点 <国内>2008/8/7付
ぬかるみ続く政権前途
南風 太郎(政治評論家)

福田改造内閣発足
 陣形は刷新したが、勝機はなお見えない。
 福田首相の置かれている状況を客観的に俯瞰すれば、そんなところではないか。
 内閣改造・自民党役員人事のキーワードは、否が応でも迫ってくる「衆院選対策」であり、それに向けた「挙党態勢」の確立であった。
 その象徴が、国民から人気が高い麻生太郎氏を、自民党幹事長に再び据えたことだ。
 麻生氏を、選挙に向けた自民党の「顔」として利用しつつ、自陣営に取り込むことで、与党内にくすぶっている「福田降ろし」の動きを当面、沈静化させる。それが麻生人事の本質である。
 そこには当然、福田内閣の支持率低迷にしびれを切らしている公明党をなだめすかす狙いも込められている。
 あわよくば衆院選の前の政権禅譲を、と期待して幹事長を引き受けた麻生氏だが、相変わらず脇は甘い。最後は撤回したが、受諾の条件に、福田政権発足の際に新設した選対委員長(古賀誠氏)ポストを党4役から格下げすることなどを求めた。
 これで、当の古賀氏はもちろん、青木前参院議員会長や森元首相にまたしても不評を買った。
 麻生氏は、幹事長だった昨年も安倍前首相の退陣にあたって立ち回りに失敗した。気づいたときは、党内各派閥の大勢は福田支持で固まり、総裁選で苦杯をなめた。
 首相は麻生氏に気を持たせたのだろうが、実際にすんなり禅譲となる保証など、どこにもない。
 保利耕輔・元農相を政調会長に、野田聖子・元郵政相を消費者相に、それぞれ登用した人事も意味深長だ。
 両氏は、郵政民営化に反対し、小泉政権下の郵政解散の際は、自民党を離党して「刺客」の小泉チルドレンと死闘を演じた。当選後しばらくして復党した。
 保利氏は農政や文部行政に通じ、野田氏も党の立場から消費者行政に熱心に取り組んでいた。とはいえ、両氏の登用には、郵政解散が自民党地方組織に残した亀裂の修復を印象づけ、郵政票を取り戻そうという選挙対策の匂いが濃い。
 新体制発足後の世論調査は、麻生氏の幹事長起用や、国民の関心が高い拉致問題担当相に中山恭子氏を抜てきした人事などが耳目を集め、内閣支持率はおおむね上昇した。だが、目に見える実績を上げなければ、ご祝儀相場などそうそう続くものでもない。
 首相は、改造内閣発足の談話で「私として大きな改革の方針を打ち出すことができた」「私の考える国民本位の行財政改革が動き始めた」と強調したが、国民にそんな実感はないだろう。首相の言葉は、相変わらず空回りしている印象だ。
 前を見れば相変わらずの衆参ねじれ国会。おまけに足元の自公関係までぎくしゃくしている。
 福田政権、どこまで続くぬかるみぞ……。

« 世論調査の結果の差について(その2) | トップページ | いまさら「景気、後退局面入り 」だって? »

「国内情勢」カテゴリの記事