無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 経済同友会が自民・民主と定期懇談会 政策提言図る | トップページ | 陸自への攻撃 13回22発着弾 イラク・サマワ派遣 詳細判明 »

2008年7月14日 (月)

宮崎の九条の会セミナーに1600人

12日の土曜に宮崎で開かれた九条の会憲法セミナーを報道する「宮崎日日新聞」。1600人の大集会になった。なぜか、記事が途中で切れているのが残念。湯浅誠さんのお話がとても新鮮で、良かった。サイトからは写真も見られる。私はこのセミナーの司会で、宮崎に出かけた。明日からは韓国へいく。(高田)
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=9378&catid=74

「憲法9条存続を」 大江さんらが講演
2008年07月13日

 「九条の会」による憲法セミナーが12日、宮崎市民文化ホールで開かれ、同会呼び掛け人の一人で、ノーベル文学賞を受賞した作家大江健三郎さんら3人が講演。戦争放棄をうたう憲法9条を守るために、生存権を保障する25条についても関心を高める必要性などをアピールした。

 県内の各九条の会38グループが「人間らしく生きる」をテーマに主催し、約1600人が参加。まず埼玉大名誉教授の暉峻淑子さんが、戦争中や現在続けている難民支援活動の体験から、非常時には人権が安易に抑圧される状況を指摘した。

【写真】九条の会で参加者の質問に答える大江、湯浅、暉峻さん(左から)=12日午後、宮崎市文化ホール

« 経済同友会が自民・民主と定期懇談会 政策提言図る | トップページ | 陸自への攻撃 13回22発着弾 イラク・サマワ派遣 詳細判明 »

「護憲」カテゴリの記事