無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« オバマ氏、アフガン入り 中東・欧州PRの旅 | トップページ | イラク撤退日程、オバマ氏が柔軟姿勢 「現実無視せぬ」 »

2008年7月23日 (水)

潜水艦の当て逃げ説?千葉沖漁船転覆:乗組員「船底に衝撃」 潜水調査を検討

過日、電車の中吊り広告を見てアエラを買った。それは7月21日の同誌で「原因は三角波」のウソ、というもので、軍事通では定評のある朝日の田岡俊次記者が書いている。第58寿和丸転覆事故は潜水艦当て逃げの可能性があるという記事だ。
この毎日の記事は海難審判理事所も疑問を持っていることを示している。(高田)

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080723k0000m040163000c.html
千葉沖漁船転覆:乗組員「船底に衝撃」 潜水調査を検討

 千葉県犬吠(いぬぼう)埼沖で6月、福島県いわき市の巻き網漁船「第58寿和(すわ)丸」(全長38メートル、135トン)が転覆し死者4人、行方不明者13人を出した事故で、原因究明をしている横浜地方海難審判理事所が、救助された乗組員から「右舷船底に強い衝撃を受けた」との証言を得たことが分かった。理事所は衝撃による損傷の有無を調べるため、海洋研究開発機構(神奈川県横須賀市)に対して、深海潜水調査船の派遣依頼を検討し始めた。

 船体は深さ数千メートルの海底に沈んだとみられる。事故原因はこれまで、複数の波やうねりが干渉して突発的に波が高くなる「三角波」の可能性が指摘されていた。

 だが理事所の調査で、僚船を含め三角波を見た者はなく、救助された乗組員は「体験したことのない衝撃を機関室の右舷船底部から受け、急激に右舷側に傾き沈んだ」と証言。機関室下の燃料タンクから漏れたとみられるA重油が海面に大量に浮いていたことが分かった。理事所関係者は衝撃でタンクが破損したとみている。

 また、証言から▽高波なら波の進行方向に船は傾くが、寿和丸は波を受けた右舷側に大きく傾き、左舷側へは傾いていない▽船内には空気があるため転覆しても最低数時間は浮いているのに、寿和丸は数十秒で転覆、約15分で沈没した--など通常の転覆事故とは異なる状況も判明。事故当時、僚船のレーダーや目視では、周辺海上に他船はいなかった。

 事故は6月23日午後1時半ごろ、犬吠埼の東約350キロの太平洋上で発生。当時は波高2メートルと操業可能な程度のしけで、寿和丸は船を安定させるためパラアンカー(パラシュート状いかり)を海中に広げ、エンジンを止めて停泊していた。証言では、パラアンカーの不具合や巻き網の荷崩れもなかったという。

 海難審判理事所は海難事故の再発防止のため原因究明をする機関。【鈴木一生】
【関連記事】

« オバマ氏、アフガン入り 中東・欧州PRの旅 | トップページ | イラク撤退日程、オバマ氏が柔軟姿勢 「現実無視せぬ」 »

「国内情勢」カテゴリの記事