無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« イラク撤退日程、オバマ氏が柔軟姿勢 「現実無視せぬ」 | トップページ | 伊吹氏続投に意欲満々 臨時国会召集めぐり確執も »

2008年7月25日 (金)

イラク派遣の空自、年内撤退の可能性示唆…自民幹事長

読売の記事である。
何度か指摘してきたことであるが、この可能性は大きい。運動を盛り上げ、撤退に追い込んで行かなくてはならない。インド洋派兵給油新法延長も阻止しよう。(高田)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080724-OYT1T00467.htm
イラク派遣の空自、年内撤退の可能性示唆…自民幹事長

 自民党の伊吹幹事長は24日昼、大阪市内で講演し、イラクに派遣している航空自衛隊について、多国籍軍がイラクに駐留する根拠となっている国連決議が今年12月末に期限切れとなることに合わせて、撤退する可能性があるとの見方を示した。 
(2008年7月24日13時42分  読売新聞)

« イラク撤退日程、オバマ氏が柔軟姿勢 「現実無視せぬ」 | トップページ | 伊吹氏続投に意欲満々 臨時国会召集めぐり確執も »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事