無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« アフガン陸自派兵は見送りか | トップページ | 雑記(36)『蟹工船』が着く港 »

2008年7月18日 (金)

民主党、リベラルの会

リベラルの会の動向である。産経紙も報道しているが、インターネットで採れない。産経によれば、この勉強会には12人の国会議員が参加したという。政策提言には、自衛隊を専守防衛のための実力部隊と明確に定め、新設した「人間の安全保障省」のもとに、PKOや人道支援をになう「国際協力隊」を創設。これや非核3原則、集団的自衛権の不行使などを盛り込んだ平和基本法を定める、などとしているという。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/0716/TKY200807160290.html

「リベラルの会」が安全保障で政策提言

2008年7月16日19時55分
 民主党の中堅・若手議員による政策勉強会「リベラルの会」(代表世話人・平岡秀夫衆院議員ら)が16日、政策提言「『思いやりの国・日本』を目指して」を発表した。代表選に立候補する小沢代表らに示して賛同を求める。

 提言は安全保障をめぐり、自衛隊とは別に「国際協力隊」を新設し、自衛隊に代わって海外での平和維持活動にあたる▽集団的自衛権の不行使原則を盛り込んだ「平和基本法」を制定する▽普天間基地の閉鎖と海外への移転を目指す――とした。医療保険制度の一元化や、消費税の逆進性対策としての「戻し税」導入の検討にも言及した。

 同会は04年、イラク邦人人質事件で自衛隊の撤退を求めた議員らを中心に発足。憲法9条堅持や集団的自衛権の行使反対を主張している。

« アフガン陸自派兵は見送りか | トップページ | 雑記(36)『蟹工船』が着く港 »

「護憲」カテゴリの記事