無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米国務長官:北朝鮮の指定解除明言 「近く核申告」踏まえ | トップページ | 憲法審査会1度も開けず »

2008年6月20日 (金)

海外派兵恒久法、先送り。

海外派兵恒久法、先送り。
http://www.asahi.com/politics/update/0619/TKY200806190267.html
自衛隊派遣、恒久法で自公合意は一部 憲法論議を先送り

2008年6月19日21時57分
 自民、公明両党の自衛隊海外派遣の恒久法(一般法)を検討するプロジェクトチーム(PT)が19日、中間報告をまとめた。両党の主張の隔たりはなお埋まっておらず、国会承認など一部は合意したものの論点の大半は先送りになった。

 中間報告では、国連平和維持活動(PKO)や国連決議に基づく派遣で合意。公明党が主張する「従来の憲法解釈を前提」とすることも明記した。しかし、憲法解釈をめぐる論点の多くは引き続き検討する課題として残った。

 例えば、離れた所で他国軍が攻撃された際に援護に向かう「駆けつけ警護」については、自民党が活動内容に加えるように求めたが、公明党は応じなかった。駆けつけ警護は、福田首相も国会答弁で「現行法上、認められていない」と指摘。PTの山崎拓座長は「自民党は警護そのものを付け加えるべきだと提言した」と強調したが、山口那津男座長代理は「結論付けるほど議論が集約されていない」と慎重な姿勢だった。

 政府は臨時国会での法案提出を見送る方針を固めている。山崎氏はこの日の派閥会合で「必ず次期通常国会(の法案提出)を目指して取り組んで参りたい」と訴えたが、山口氏は「どの国会で法案を出すか出さないかはPTの課題ではない」と牽制(けんせい)した。

« 米国務長官:北朝鮮の指定解除明言 「近く核申告」踏まえ | トップページ | 憲法審査会1度も開けず »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事