無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自衛隊恒久法、与党検討チームが23日に初会合 | トップページ | 給油新法延長と派兵恒久法策定の二段構え »

2008年5月21日 (水)

ミサイル監視衛星も保有可能に 宇宙基本法が成立

ゲ、ゲ、ゲ!こんなスターウォーズ法が自公民3党合意だと衆参で2時間の実質審議で通ってしまうのだ。宇宙で専守防衛かよ。「憲法の平和主義の理念をふまえ」と入れたから大丈夫なんだって。これじゃあ、「憲法の平和主義の理念をふまえ、海外で戦争をやる」という戦争法だって通ってしまう。民主党にバンバン文句を言おう。(高田)
http://www.asahi.com/politics/update/0521/TKY200805210132.html
ミサイル監視衛星も保有可能に 宇宙基本法が成立

2008年05月21日12時25分

 宇宙の軍事利用も可能にする宇宙基本法が、21日の参院本会議で、共同提案した民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決・成立した。

 同法は宇宙開発を「我が国の安全保障に資するよう行わなければならない」と明記。宇宙開発が進む一方、高度なミサイル監視衛星を持つ可能性も生まれるなど、宇宙政策の転換点となりそうだ。

 また内閣に「宇宙開発戦略本部」を新設し、総合的な宇宙計画を作る。首相が本部長となって担当閣僚を置き、研究開発は文部科学省、産業振興は経済産業省にと分かれていた宇宙政策を集約する。

 自公両党は昨年6月、議員立法で今回とほぼ同じ内容の法案を提出。第1条に「憲法の平和主義の理念を踏まえ」との一文を加えたことで、民主党との共同提案にこぎ着けた。3党は審議で「宇宙開発は専守防衛の範囲内に限る」と強調、委員会の実質審議は衆参とも約2時間だった。

« 自衛隊恒久法、与党検討チームが23日に初会合 | トップページ | 給油新法延長と派兵恒久法策定の二段構え »

「国内情勢」カテゴリの記事