無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日経・内閣支持率、29%に低下・日経世論調査 | トップページ | 思いやり予算継続へ 参院委で否決、衆院優越規定で »

2008年4月24日 (木)

超党派の安保議連 3年ぶり活動再開

本ブログで既報であるが、本日の東京新聞の記事である。(高田)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2008042402006129.html

超党派の安保議連 3年ぶり活動再開

2008年4月24日 朝刊

超党派の「新世紀の安全保障体制を確立する若手議員の会」=23日、衆院第二議員会館で

 安全保障分野の法制充実を訴える超党派の議員連盟「新世紀の安全保障体制を確立する若手議員の会」が二十三日、約三年ぶりに活動を再開した。今後、週一回のペースで会合を重ね、自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法について、今秋にも独自の法案骨子を取りまとめる考えだ。

 代表幹事には、自民党の中谷元・元防衛庁長官、民主党の前原誠司副代表、公明党の上田勇氏が就任し、同会には三党を中心に約百十人が名を連ねた。

 同会は二〇〇一年十一月に結成。集団的自衛権行使を容認する「安全保障基本法」の制定などを目指して活動していたが、〇五年以降は休止状態だった。

 今年一月に成立した新テロ対策特別措置法(給油新法)の議論をきっかけに、恒久法の必要性を訴える意見が自民、民主両党から相次いだことなどが活動再開につながった。

 同会に対しては、政界再編を見据えた動きだとして警戒する声もあるが、前原氏は記者団に「(自民、民主両党の)どちらが政権をとっても、外交安全保障政策の根本は一致すべきだ。政界再編より、お互いの共通認識を作ることが主眼だ」と述べた。

« 日経・内閣支持率、29%に低下・日経世論調査 | トップページ | 思いやり予算継続へ 参院委で否決、衆院優越規定で »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事