無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 読売調査でも内閣支持率最低を記録 | トップページ | イラク派兵、名古屋高裁違憲判決・各紙社説 »

2008年4月17日 (木)

イラク派兵違憲判決

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080417-00000087-jij-soci

自衛隊イラク派遣に違憲判断=請求は棄却-名古屋高裁

4月17日14時32分配信 時事通信

 自衛隊のイラク派遣は違憲として、愛知県の弁護士と全国の住民らが国を相手に、派遣差し止めと慰謝料などを求めた訴訟の控訴審判決が17日、名古屋高裁 であり、高田健一裁判長は「米兵らを空輸した航空自衛隊の活動は憲法9条1項に違反するものを含んでいると認められる」と指摘、憲法違反に当たるとの判断 を示した。
 自衛隊イラク派遣をめぐる同様訴訟は全国で起こされているが、違憲判断は初めて。 

http://www.asahi.com/national/update/0417/NGY200804170005.html
「空自イラク派遣は憲法9条に違反」 名古屋高裁判断

2008年04月17日14時17分

 自衛隊イラク派遣の差し止めや派遣の違憲確認などを求めて全国の市民3千人以上が提訴した集団訴訟の控訴審判決が17日に名古屋高裁であった。青山邦夫裁判長は原告の請求を退けた一審・名古屋地裁判決を支持、控訴は棄却したが、「現在の航空自衛隊のイラクでの活動は日本国憲法9条1項に違反している」との判断を示した。全国で起こされたイラク派遣をめぐる訴訟で、一、二審を通じて違憲判断が示されたのは初めて。

イラク派兵の違憲判決を受け、喜び合う原告ら=名古屋高裁前で

 判決は、首都バグダッドで米軍と武装勢力との間で激しい紛争が起き、一般市民に多数の犠牲者が出ていることを指摘。「イラク特別措置法にいう『戦闘地域』に該当する」と認定し、空自のイラクでの活動は武力行使を禁じたイラク特措法に違反し、憲法9条に違反する活動を含んでいると結論づけた。

 裁判は04年2月に最初の提訴があり、7次にわたって3237人が原告として名を連ねた。名古屋地裁は06年4月、派遣差し止めを却下、慰謝料請求を棄却、憲法判断を避ける判決を言い渡していた。

 控訴審には1122人の原告が参加した。審理の中ではイラクの現状を記録したDVDを見たり、原告側が申請した証人2人が陳述するなどして、裁判官側も原告の主張に耳を傾ける姿勢を示した。

 イラク派遣差し止めをめぐっては、北海道、仙台、栃木、東京、静岡、京都、大阪、岡山、熊本で各地裁に市民が提訴したが、これまで原告敗訴の判決が出ている。

« 読売調査でも内閣支持率最低を記録 | トップページ | イラク派兵、名古屋高裁違憲判決・各紙社説 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事