無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(32)憲法会議第34回全国総会来賓挨拶 | トップページ | 恒久法 今国会への法案提出 首相トーンダウン »

2008年3月26日 (水)

福田首相、派兵恒久法、今国会提出を指示

このところ、支持率が急落し、進退窮まって来つつあるかに見える福田首相だが、自衛隊海外派兵恒久法成立への意欲は強いようだ。本日、各紙が昨日の福田首相の記者会見での話を載せた。東京新聞と産経新聞から関連記事を掲載する。この問題の緊急性を訴える運動を強めなくてはならない。こんな悪法を強行しようとする福田内閣を倒さなくてはならない。民主党もこの福田首相につけ込まれるような恒久法への曖昧な態度を撤回し、自民党の海外派兵恒久法には断固反対だとの立場を明らかにすべき時である。
私たちが」2月17日に発表した共同アピールへの賛同も、ぜひ広くお願いしたい。(高田)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008032501000886.html
「恒久法」を今国会提出 自衛隊の海外派遣

2008年3月25日 21時54分

 政府は25日、国際協力での自衛隊の海外派遣を随時可能にする「恒久法」を今通常国会に提出する方針を固めた。福田康夫首相は自民党の山崎拓前副総裁に、法案提出に向けて民主党との事前協議を進めるよう指示した。

 先に衆院再議決により成立させた新テロ対策特別措置法が来年1月に期限が切れた後も、インド洋での海上自衛隊の給油活動を継続するのが当面の狙い。民主党を与党との政策協議に誘い出す“呼び水”にしたい思惑もありそうだ。

 首相は、官邸で記者団に「この国会中に法案をまとめ、審議できればいい。民主党からもやるべきだと随分前から言われており、ぜひやりたい」と強調。これに先立ち、自民党の「国際平和協力の一般法に関する合同部会」の座長を務める山崎氏と官邸で会い「民主党とも協議を続けながら今国会提出の方向で進めてほしい」と与野党調整を指示した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080325/plc0803252052015-n1.htm
「恒久法」今国会提出の意向 福田首相
2008.3.25 20:52

 福田康夫首相は25日夜、自衛隊の海外派遣を随時可能にする「恒久法」(一般法)について「今国会中に法案をまとめたい。審議できればいいが国会の状況にもよる。随分前から言われているのでぜひやりたい」と述べ、今国会での法案成立に意欲を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 これに先立ち首相は、自民党の「国際平和協力の一般法に関する合同部会」座長の山崎拓元副総裁と官邸で会談し、「民主党ともいかなる形にせよ協議を続けながら、今国会に法案提出の方向で進めてもらいたい」と指示した。

 ただ、山崎氏は会談後、記者団に、恒久法に関する自民・公明両党の与党プロジェクトチームの初会合は国会情勢などから4月にずれ込むとの見通しを示した。

« 雑記(32)憲法会議第34回全国総会来賓挨拶 | トップページ | 恒久法 今国会への法案提出 首相トーンダウン »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事