無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 派兵恒久法案、石破私案の動向について | トップページ | 有名人による新ファシズム的な言辞の横行 »

2008年2月 2日 (土)

超党派訪韓団:10日に訪問 李次期大統領と会談へ

こういう動きもある。備忘録として。(高田)

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080202k0000m010073000c.html
超党派訪韓団:10日に訪問 李次期大統領と会談へ

 自民、民主、公明、社民4党による議員団が10、11両日に韓国を訪問、李明博(イミョンバク)次期大統領と会談し、北朝鮮情勢や日韓の協力関係強化などについて意見交換する。

 メンバーは自民党が山崎拓前副総裁、加藤紘一元幹事長ら8人、民主党が仙谷由人元幹事長代理、枝野幸男元政調会長ら5人、公明党が東(ひがし)順治副代表ら前衆院議員1人を含む3人で、社民党は辻元清美政審会長代理が参加する。

 加藤氏は「リベラル保守勢力」の結集を唱え民主党議員と接触を重ねており、超党派訪韓団に対し「次期衆院選後の政界再編をにらんだパイプづくり」との見方が出ている。【小林多美子】

毎日新聞 2008年2月1日 19時51分

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080201/plc0802011926005-n1.htm
加藤、山拓両氏が超党派で訪韓10~11日 政界再編の布石か
産経新聞2008.2.1 19:25
このニュースのトピックス:諸政党

 自民党の加藤紘一元幹事長、山崎拓元副総裁は10、11の両日、訪韓し、次期大統領の李明博(イミョンバク)氏と会談する。訪韓団には、民主党の仙谷由人元幹事長代理や枝野幸男元政調会長ら小沢一郎代表と距離を置く衆参議員5人も参加しており、「政界再編の布石ではないか」(派閥領袖級)との見方も浮上している。

 加藤、山崎両氏は1日、首相官邸で福田康夫首相と会い、「衆参ねじれ国会だからこそ外交のギリギリの部分は超党派で話をしなければならない」と訪韓の意義を説明。首相は「超党派の外遊はよいことなのでぜひ成果をあげてほしい」と述べ、「大統領就任後の会談を楽しみにしている」と李氏へのメッセージを託した。

 訪韓団は、自民党は山崎、加藤両氏のほか、園田博之政調会長代理、小坂憲次元文科相、野田毅元自治相、中谷元元防衛庁長官、後藤田正純衆院議員ら8人が参加。民主党は仙谷、枝野両氏のほか小沢鋭仁衆院議員、蓮舫参院議員ら5人。公明党は東順治副代表ら3人、社民党の辻元清美衆院議員も加わる予定だ。

 一行は10日に日本を出発し、11日午前、ソウル市内で李明博氏と会談。日韓関係や対北朝鮮政策などで意見交換する。

 加藤氏は、菅直人代表代行を含め、民主党とのパイプが太いことで知られており、昨年の参院選後はさらに関係を強化。3月末には自民、民主両党が再び激突する可能性が高い中、「リベラル勢力の再結集」を掲げる加藤氏の動きが注目を集めそうだ。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2008020202084389.html
麻生、鳩山由氏ら議連設立 政界再編台風の目に?

2008年2月2日 東京新聞朝刊

 自民党の麻生太郎前幹事長や民主党の鳩山由紀夫幹事長ら両党の有志議員約十人が、インターネット上での各種手続きなどを可能とする電子自治体を推進する議員連盟を結成することが一日、分かった。五日に衆院議員会館で設立総会を開く。

 議連には、電子自治体に積極的な首長や首長経験者も参加。各自治体の電子化が本格化し始める中、自治体や国の取り組みを後押しするのが狙いだ。

 民主党側は政局とは関係ないと強調しているが、麻生派関係者は「麻生氏が民主党とのパイプをアピールできる」と話している。今後の大連立や政界再編がらみの動きとしても、注目される存在になる可能性がある。

« 派兵恒久法案、石破私案の動向について | トップページ | 有名人による新ファシズム的な言辞の横行 »

「国内情勢」カテゴリの記事