無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 内閣支持41% 不支持49% | トップページ | 改憲国民投票に向けた法制上の地ならし »

2008年2月13日 (水)

産経新聞が「子どものしつけの徹底」を叫ぶいかがわしさ

本日(13日)の産経新聞のコラムである。沖縄の人々が心から怒っているのに、なんともやりきれない記事である。産経の花岡客員編集委員のこの言いぐさに本音があられている。花岡にとってははじめに米軍基地ありきなのだ。なんとも、いやな記事だ。いかがわしい記事だ。
花岡氏がどこで育った、どういう年代の人物かは知らないが、少なくとも私は「戦後」といわれる時代を東北地方の山村に育ったので、「『知らない人についていってはダメ』。筆者などの世代は子どものころ、親から口うるさく言われたものだ」などとは言われていない。
「道で知らない人とすれ違っても『こんにちわ』ときちんと挨拶しなさい」と教わったのは覚えているが。いまでも故郷の近くを通ると、子ども達は見知らぬ私に「こんにちわ」と元気に挨拶してくれる。(高田)

【政論探求】「反基地」勢力が叫ぶいかがわしさhttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080212/plc0802122007008-n1.htm
 また、なんともやりきれない事件が起きた。沖縄の駐留米兵による少女暴行事件だ。

 関係当局は事件を徹底的に調べ、糾弾すべきは糾弾してほしい。当然ながら、この米兵は厳罰に処せられるだろう。中学3年生、14歳の少女に一生背負わなくてはならないキズを負わせたのだから、これは償いようがない。

 以上のことを踏まえたうえで、あえて書かなくてはならない。平成7年の少女暴行事件の再来として、現地では受け取られている。それは感情論としては分かるのだが、「反米」「反基地」勢力が気勢をあげているのは、なんともいかがわしさがにおう。

 この事件を政治闘争の具にするというのでは、被害少女への思いやりを欠くというものだ。こういう事件を前にしては、人間の尊厳に対してどこまでも誠実でありたい。

 「米軍は出ていけ」と声高に叫ぶのは言論の自由なのだろうが、そこには責任も伴わなくてはいけない。日本の安全保障は米国の「核の傘」が基本であることはいうまでもない。米軍撤退を主張するのなら、独自核武装論が付随しないと日本をめぐる安保環境は激変してしまう。

 パワーバランスの空白を招いたら、東アジアの軍事情勢は一気に緊迫する。ほくそ笑むのは誰か。そこを抜きにして、厳粛かつ現実的な安全保障政策は語れない。

 そういってはなんだが、これでまた、普天間飛行場の移設問題で、地元の首長や議員たちが日和見を決め込む理由ができた。基地との共存共栄以外に沖縄がたどるべき道はない。そのことを百も承知していながら、彼らはからだを張ってこなかった。

 日米安全保障協議委員会に設置されたSACO(特別行動委員会)が普天間の全面返還、ヘリポート移設を打ち出してから、もう10年が過ぎた。名護市のキャンプ・シュワブへの移設で日米合意が交わされているが、地元の調整は一向に進まない。

 それにしても、一部メディアのヒステリックな伝え方はいったいどう理解したらいいのか。事件は事件、安保は安保、と冷静に切り離し、日米同盟の死活的な重要さに思いをはせてこそジャーナリズムだ。

 「住民自決は軍命令」と信じて疑わない体質と共通する情緒的反応の弊害を、そこに指摘しないわけにはいかない。

 「知らない人についていってはダメ」。筆者などの世代は子どものころ、親から口うるさく言われたものだ。

 米軍基地が集結する沖縄である。夜の繁華街で米兵から声をかけられ、バイクに乗ってしまう無防備さ。この基本的な「しつけ」が徹底していなかったことは無念、という以外にない。(客員編集委員 花岡信昭)

« 内閣支持41% 不支持49% | トップページ | 改憲国民投票に向けた法制上の地ならし »

「国内情勢」カテゴリの記事