無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 憲法審査会始動署名(続) | トップページ | 自衛隊海外派兵恒久法での日経新聞の社説 »

2008年1月11日 (金)

採決で欠席した人びと

これは記録としてとどめておきたい。今後の分析の参考になる。(高田)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/114947/
の記事について書かれたブログ(11)
トラックバックURL:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/114947/TrackBack/

 新テロ対策特別措置法は11日の衆院本会議で、再議決により成立したが、民主党の小沢一郎代表が採決直前に本会議場を退席し、同党内から「採決こそ国会議員の重要な仕事だ」(中堅)と批判が起きるなど、波紋を広げた。
 棄権したのは、民主党は小沢氏のほか、河村たかし、平野博文両氏。国民新党の亀井静香代表代行、無所属の野呂田芳成氏も棄権した。与党では自民党の海部俊樹元首相が体調不良を理由に欠席した。
 採決では、自民、公明両党議員と無所属の鈴木宗男、西村真悟両氏らが賛成し、成立に必要な3分の2の賛成(316票)を大きく上回る340票の賛成があった。
 これに先立つ参院本会議では、民主党の大江康弘氏が新テロ法案の採決を棄権。大江氏は、民主党が対案として提出したアフガニスタン復興支援特別措置法案の採決時には本会議場に戻り、賛成票を投じた。無所属議員では、民主党対案の採決を糸数慶子、松下新平両氏が棄権した。

« 憲法審査会始動署名(続) | トップページ | 自衛隊海外派兵恒久法での日経新聞の社説 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事