無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 前原・民主副代表、武器輸出3原則緩和を主張 | トップページ | <政党ビラ配布>1審無罪の僧侶、罰金の逆転有罪…東京高裁 »

2007年12月11日 (火)

いらない 給油新法/また会期延長なんて/国会前でヒューマンチェーン

昨日の行動を報じる「赤旗」紙。
廃案をめざし、最後までがんばりたい。
なお記事の内容「訂正」2点。参加者は150人。高田の肩書きは事務局次長。(高田)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-12-11/2007121114_01_0.html
いらない 給油新法/また会期延長なんて/国会前でヒューマンチェーン

(写真)ヒューマンチェーンのリレートークで訴える日本共産党の山下芳生参院議員(左端)=10日、国会

 自衛隊のインド洋派兵・「給油新法案」反対を訴え、市民団体のメンバーらが十日夜、東京都千代田区の国会前でキャンドル片手に、ヒューマンチェーンとリレートークをおこないました。今回で四回目。

 会期末が十五日に迫り、自民・公明の与党が衆院再可決のために臨時国会再延長の動きを強めるなか約百人が参加。「いらない!インド洋派兵・給油新法」「武力で平和はつくれない」などと書かれた横断幕を広げて、「戦争加担反対」「アフガンの人々を殺すな」「憲法九条を守れ」「国会会期延長反対」などとチェーンコールし、「憲法違反の給油新法反対」をアピールしました。同行動のよびかけ人らがリレートークし、「許すな!憲法改悪・市民連絡会」事務局長の高田健さんが「廃案になるかどうかは、これからのたたかいにかかっている。給油新法反対と会期延長を許さないという世論をひろげていこう」と訴えました。

 日本共産党の山下芳生参院議員が連帯あいさつ。「国民の声と参院選の審判で、インド洋から帰ってきた。このことに確信をもち、廃案にするため、みなさんと力をあわせてがんばりたい」と激励しました。

« 前原・民主副代表、武器輸出3原則緩和を主張 | トップページ | <政党ビラ配布>1審無罪の僧侶、罰金の逆転有罪…東京高裁 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事