無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« まず、何をしたらいけないか | トップページ | 国会の再々延長など許せるものではない »

2007年11月21日 (水)

与党、憲法審査会の始動の策動

本日21日の「赤旗」紙の報道である。
憲法審査会始動の動きが表面化してきた。給油新法との関連や、延長国会の再延長の動きと関連するので、即座にという状況ではないが、警戒を要する。「規程」を作る前に、まずこの改憲手続き法そのものの再検討が必要だ。衆議院で強行採決したことで、審議不十分のまま参院に回されたが、参院では与党は18項目もの付帯決議をつけて採決した。与党はこの18項目について、どう再検討するのか、そこで与党の姿勢が問われている。
民主党もこの問題抜きに、軽々に始動の話に乗ってはならない。
5・3実行委員会は、目下、始動に反対する団体署名運動を展開している。(高田)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-11-21/2007112102_02_0.html
憲法審査会 始動狙う
衆院議運委員長参院に申し出 民主も検討へ

 西岡武夫参院議院運営委員長は二十日、同委理事会で笹川尭衆院議院運営委員長から「衆院で憲法審査会の運営規程の制定を検討したいので、参院でも検討をお願いしたい。衆参それぞれで規程を整備しなければ意味がない」と申し出があったことを明らかにしました。これを受け、自民党理事が「(規程の検討を)お願いしたい」と主張したのに対し、民主党理事は持ち帰って協議すると表明しました。
 笹川氏は同日開かれた衆院議運委員会の理事会の席上、「憲法審査会規程の制定について、参院の西岡委員長に話をする」と発言していますが、各党に了承は求めませんでした。
 憲法審査会は改憲原案を審査する権限を持つ機関で、五月に与党が強行した改憲手続き法によって衆参両院に設置されています。参院選での安倍自公政権の大敗後、野党の反対で審査会規程さえ決まらず、開催できないできました。
 こうした状況に対し、自民党や国民新党の改憲派議員でつくる「新憲法制定議員同盟」(会長・中曽根康弘元首相)は八日、都内で緊急総会を開き、憲法審査会規程の速やかな制定と審査会の活動開始を求める決議をあげました。議員同盟の関係者は「決議に基づき衆参両院に対して働きかけてきた」とのべています。
 民主党国対関係者は「与党から憲法審査会規程の制定について呼びかけがあり、もしやるなら衆参そろってではないかと返答してきた。安倍首相とは憲法改正の論議は絶対しないという立場だったが、福田内閣になり状況は動いてきた。しかし、まだ早いのではないか」などとのべています。

« まず、何をしたらいけないか | トップページ | 国会の再々延長など許せるものではない »

「改憲手続き法案」カテゴリの記事