無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 武力で平和はつくれない-道新社説に寄せて | トップページ | 姑息な情報隠匿 »

2007年10月15日 (月)

雑記(22)中谷さんよ、国民が皆テロリストに見えるのは末期症状です

あえて反論したり、批判を書くまでもないことだが、中谷元がこう言ったということは記録にとどめておきたい。
こんな発想のもとに国会に提出される派兵・給油新法は阻止しなければならない。
まずは、17日、閣議決定に抗議するWPNの行動と、23日のヒューマンチェーン、25日の昼休みデモなどの行動から、新法に反対する運動を強めよう。
はて、これも「テロリスト」か。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/1015/TKY200710150085.html
「給油活動反対はテロリスト」 自民・中谷氏、民主を批判

2007年10月15日12時08分

 自民党の中谷元・安全保障調査会長は14日のフジテレビの番組で、インド洋での海上自衛隊の給油活動について「テロをなくそうという国際社会で非常に評価されている。これに反対するのはテロリストしかないのではないか」と述べ、反対している民主党の対応について「理解できない」と批判した。

 これに対し、民主党の鳩山由紀夫幹事長は同日の記者会見で「国民の3割が給油活動に反対しているが、日本に3割のテロリストがいるという話になる」と反論。「テロリストをなくさなくてはいけない作戦で、テロリストが急増している。戦争によって本当にテロがなくなるのか」と、給油活動への疑問を改めて示した。

« 武力で平和はつくれない-道新社説に寄せて | トップページ | 姑息な情報隠匿 »

「雑記」カテゴリの記事