無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(22)中谷さんよ、国民が皆テロリストに見えるのは末期症状です | トップページ | 念のため »

2007年10月16日 (火)

姑息な情報隠匿

「開いた口がふさがらない」とはこのことだ。石破防衛相が「情報はきちんとだす。そのうえで野党も責任をもってもらいたい」などという啖呵の、舌の根も乾かないうちに、こういう話が飛び出した。こんな情報隠しは許せない。これでは何度、「陳謝」しても意味がない。「法律違反ではない」だって。これではシビリアンコントロールなど問題外だ。(高田)

http://www.47news.jp/CN/200710/CN2007101601000261.html
補給艦の航海日誌を廃棄  防衛省「誤って」と説明

 防衛省は16日、インド洋で給油活動に従事していた海上自衛隊の補給艦「とわだ」について、2003年7月から11月までの5カ月分の航海日誌を、文書の保存期間内にもかかわらず廃棄したことを明らかにした。

 海自の文書管理規則によると、艦船の航海日誌の保存期間は4年間になっている。同補給艦は03年7月中旬から同11月中旬まで給油活動にあたっていた。イラク作戦への燃料転用疑惑が指摘される中、防衛省のずさんな管理体制が批判される可能性がある。

 16日午前、民主党の外務防衛部門会議での資料要求に対し答えた。防衛省側は「07年7月に『とわだ』艦内で保存期間が過ぎている資料を整理した際に、誤って保存すべき資料も廃棄した」と説明。分量は1航海分の日誌すべてという。
2007/10/16 13:09  【共同通信】

http://www.asahi.com/national/update/1016/TKY200710160214.html
防衛省、補給艦の航泊日誌「誤って破棄」

2007年10月16日13時24分

 防衛省は16日午前、民主党の外務防衛部門会議で、インド洋で給油活動をしていた海上自衛隊の補給艦「とわだ」の03年7~11月の航泊日誌について「今年7月に誤って破棄した」と説明した。文書保存期間は5年。同省は「省内の内規に違反しており、事実関係を調査中」とも説明。同党は関係者の処分を求めた。

 航泊日誌には、給油した日時や場所、給油先の艦船名などが記載されており、国会でイラク作戦への転用疑惑を追及している民主党が資料請求をしていた。航泊日誌をめぐっては、同省が補給艦「ときわ」の03年2月分について「破棄した」との説明を覆して公開。石破防衛相が「文書管理が徹底されていなかった」と陳謝した経緯がある。 (朝日)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071016i104.htm

インド洋補給艦の航泊日誌、保存期間中に一部破棄

 防衛省は16日午前の民主党外務防衛部門会議で、テロ対策特別措置法に基づきインド洋で給油活動を行っていた海上自衛隊の補給艦「とわだ」の航泊日誌の一部を、文書保存期間が過ぎていないにもかかわらず、今年7月に破棄していたことを報告した。

 破棄していたのは2003年7~11月の5か月分。防衛省側は「誤って破棄した」と説明した。

 民主党議員が「法律違反ではないか。関係者の処分は行うのか」とただしたのに対し、防衛省側は「文書保存期間を定めた内部規則に反しているが、法律違反ではない。処分は、現在、経緯を調査しており、結果を待ちたい」と述べるにとどめた。
(2007年10月16日13時39分  読売新聞)

« 雑記(22)中谷さんよ、国民が皆テロリストに見えるのは末期症状です | トップページ | 念のため »

集団的自衛権」カテゴリの記事