無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 有識者懇メンバーの坂元教授の論理 | トップページ | 雑記(13)「私の内閣」 »

2007年7月14日 (土)

民主党候補者の政治傾向について

毎日新聞社の参院選候補者アンケートに見る民主党候補者の政治傾向について
本日(7月14日)の毎日新聞は5月末から開始した参院選候補者アンケート調査を発表した。調査項目は広範にわたるが、民主党候補者に限って、直接9条に係わる項目を抽出し、加工してみた。民主党の動向が参院選後、より注目されると考えられるからだ。このアンケートを参院選終了後、当選者に限って再度、加工してみるのも面白い。当選者の調査を同紙がやってくれればよりありがたいのであるが。(高田)

民主党候補者は80人中77人が回答(回答率96.3%)

●憲法を改正すべき 賛成33人(42.9%) 反対29人(37.7%)

○改憲賛成で9条改憲反対は17人(22.0%)
 
●9条を改正すべき 賛成13人(16.9%) 反対41人(52.2%)

●自衛隊は海外でも武力行使できる軍隊として明記 2人(2.6%) 専守防衛前提の明記25人(32.5%) 改憲せず自衛隊も現状維持29人(37.7%) 改憲せず自衛隊縮小12人(15.6%)

 集団的自衛権行使は可14人(18.2%)行使不可51人(66.2%)

 改憲賛成で集団的自衛権行使不可15人(19.5%)

 改憲賛成で9条改憲反対(17人)で、集団的自衛権行使不可は11人(14.3%)

●核武装は将来にわたって検討すべきでない74人(96.1%) 検討開始すべき2人(2.6%)
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070716k0000m010083000c.html

« 有識者懇メンバーの坂元教授の論理 | トップページ | 雑記(13)「私の内閣」 »

「護憲」カテゴリの記事