無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 絶句する安倍夫妻の「公私混同」 | トップページ | 読売が嘆く自民党候補者の「改憲への気迫」 »

2007年7月 1日 (日)

(雑記11)久間防衛相の発言によせて

久間防衛相の「原爆投下、しょうがない」発言が被爆地をはじめ、各方面からの怒りを買っている。防衛庁も防衛省になり、その初代の大臣としていっぱしの戦略家ぶっておきたいという欲求に駆られたのかも知れない。米国の核兵器を使った無差別殺戮という基本問題を忘れて、将棋の駒でも動かしているかのような感覚で飛び出した発言だ。

 久間章生防衛相は30日、千葉県柏市の麗沢大で講演し、先の大戦での米国の原爆投下について「長崎に落とされ悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で、しょうがないなと思っている。それに対して米国を恨むつもりはない」と述べた。

 米国が旧ソ連の日本への参戦を食い止めるため原爆を投下した側面があるとの見方を示し「日本が負けると分かっているのにあえて原爆を広島と長崎に落とし、終戦になった。幸い北海道が占領されずに済んだが、間違うと北海道がソ連に取られてしまった」と指摘。

 また「勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかどうかという思いは今でもしているが、国際情勢、戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るということも頭に入れながら考えなければいけない」と述べた。(共同通信)

安倍内閣の閣僚の発言が「ともかく軽すぎる」という批判をテレビでしている人がいた。しかし、より大事なことはかれらの発言は「本音」であると言うことだ。おそらく、普段考えていて、あるいは親しい者との会話では日常化していて、それが飛び出しているのではないか。これまでは多くは、そう思っても各方面に配慮して軽々には発言しないということがあったのは事実だろう。閣僚の発言が深い思考に欠けているという点では、たしかに軽いといえば軽いのだが。

久間は特に愚かで、「放言癖」がある。この間、物議を醸す発言があまりに多すぎる。なかには「歯に衣をきせない発言だ」などと好意的に評価する向きもあるが、私は久間は基本的にアホだと思っている。

あとで最近の「弾道ミサイル攻撃は99%防衛できる」という発言を取り上げるが、最近話題になった発言を、思いつく限りをあげても、「(辺野古への掃海艇ぶんごの派遣は)沖縄県民に銃口を突きつけたとの印象を与えたとされたが、掃海母艦は戦闘用でなく、それは違う」(6月末、沖縄で)、「政府はイラク戦争を支持すると公式に言っていない」(昨年12月、国会)、「イラク開戦は、核兵器がさもあるかのような状況でブッシュ大統領は踏み切ったのだろうが、その判断が間違っていたと思う」(1月、日本記者クラブで)、「普天間基地の移転問題について「私は米国に『あんまり偉そうに言うな。日本のことは日本に任せてくれ』と言っている。県知事の意見も聞き入れながらやっていかなければならないが、米国は根回しが分からない」(1月末、長崎県内での講演で)等々。

ほかにもいろいろあると思う。先の長崎市長銃撃でもとんでもない発言をしてひんしゅくを買ったはずだ。特にイラク開戦批判(事実、あたっている面もあるが、それなら今国会で強行採決したイラク特措法の延長はやめるべきではなかったか)では米国当局を怒らせて、しばらく米国政府は久間防衛相をシカトし、日米防衛首脳会談が設定できなくなったほどだ。

この久間という人物の今回の発言は、もしかしたらこの間の対米批判発言に対する穴埋めという意図でもあって、米国にゴマを擦ったつもりだったのではないか。

真意の詮索はさておき、「弾道ミサイル攻撃は99%、防衛できる」(6月末、沖縄で)という発言については一言、コメントしておきたい。

久間章生防衛相は24日、沖縄県宮古島市のホテルで講演し、北朝鮮などから弾道ミサイル攻撃を受けた場合の防衛態勢について「今のミサイル防衛 (MD)システムで99%は排除できる」との認識を示した。日本のMDは、海上配備のSM3ミサイル、地上配備のPAC3ミサイルの2段階で迎撃する仕組 み。久間氏は「今のSM3で9割以上迎撃でき、外れた1割をPAC3が撃つ確率は9割」と説明した。

安倍首相がいま、その私的諮問機関「集団的自衛権に関する有識者懇」に検討させている「日本付近を通過して米国に向かう弾道ミサイルを迎撃するのは違憲かどうか」という議論が、実はそうした迎撃を可能にする軍事的能力をいまの自衛隊は持っていないこと、それを実現するには膨大な資金と日時を要すること、その意味で机上の空理空論であることは知られている。

しかし、防衛相たる久間のこの発言もトンデモものだ。海上配備のSM3で9割というが、たしかに米海軍は昨年までに8回迎撃実験をして7回成功している(これが9割ということか)。しかしこの実験は各1発で、弾道ミサイルの発射地点、発射時間、発射方向などがほとんどわかっている上での迎撃実験だ。複数弾頭とか、おとり弾頭とか、多連続発射でもない。これらに対応できる「SM3-2」というイージス艦搭載迎撃ミサイルの共同開発はいまだ予定も立っていないのが現状だ。

地上配備の「パトリオットPAC3」による迎撃体制はどうか。これは沖縄の米軍嘉手納基地に配備され、先ごろは埼玉県入間の自衛隊基地に配備されたが、8発という(1発8億円)。その射程距離は20キロ以下で、横田基地を守るか、自走発射機で移動して、国会と皇居を守るしかない。先日、一部、新聞でこの移動訓練の実態が報道されていた。近々に横須賀、習志野、霞ヶ浦にも配備する計画だが、全部合わせても32発。さらにここ数年かけて、阪神・中京地区、佐世保など北部九州、三沢など青函地区に合わせて32発配備する計画だ。いずれにしても、命中精度100%と仮定してさえ、射程範囲20キロのPAC3を配備予定分全てを日本列島に並べても、ごく一部しかカバーできないのは明らかで、どこから99%という数値が出てくるのか。たいした防衛相ではある。(参考文献「北朝鮮・中国はどれだけ恐いか」田岡俊次・朝日新書)

私は常々、講演では「いかに戦争に備えるか」ではなく、「いかにして戦争を防ぐか」だといっている。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/0630/TKY200706300263.html

http://www.47news.jp/CN/200706/CN2007063001000274.html

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070625k0000m010035000c.html

http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070128/ssk070128000.htm

« 絶句する安倍夫妻の「公私混同」 | トップページ | 読売が嘆く自民党候補者の「改憲への気迫」 »

「雑記」カテゴリの記事