無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自衛隊情報保全隊への抗議集会での発言 | トップページ | (雑記10)小田実さんの新著などのこと »

2007年6月25日 (月)

沖縄の九条の碑

6月23日、沖縄県の南風原町と宮古市で、同時に「憲法九条の碑」の除幕式があった。これで県内の九条の碑は6箇所になったという。那覇市が戦後40年を記念し1985年に建立したのをはじめに、読谷村、西原町、石垣市に立っている。南風原では町民からの募金、250万円が集まった。九条の条文を日本語だけでなく、英語、中国語、韓国語で刻んであるという。
私はこの準備の話を2月に沖縄県下九条の会の交流集会に参加した時に聞いた。うろ覚えだが、たしか石垣市の碑は、わざわざ中国大陸から運んできた石に九条を刻んでいるはずだ。石垣の九条の会の方が、日中戦争の反省も含めて、碑は中国の石に刻みたかったのだと話をしてくれた。
安倍政権と文科省は高校の歴史教科書から「集団自決への日本軍の関与」の記述を削らせた。22日の沖縄県議会での全会一致の「検定の撤回と記述の復活を要請する決議」の採択と、九条の碑の建立は、沖縄の人びとの平和への強い意志を示したものだ。(高田)

« 自衛隊情報保全隊への抗議集会での発言 | トップページ | (雑記10)小田実さんの新著などのこと »

「護憲」カテゴリの記事