無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« たたかいはあらたな段階にはいった | トップページ | 雑記(5)~この10年のたたかいをふりかえって »

2007年5月14日 (月)

共同通信世論調査 集団的自衛権

本日の東京新聞などに掲載された共同通信社の世論調査、安倍内閣のお手盛り「有識者懇談会」などの策動に痛撃。(高田)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007051301000421.html

見直し必要なしが62% 集団的自衛権の憲法解釈

2007年5月13日 20時34分

 共同通信社が12、13両日に実施した全国電話世論調査で、集団的自衛権行使は憲法で禁じられているとの政府解釈に関し「今のままでよい」が 62・0%と、4月の前回調査より7・4ポイント上回った。解釈見直しを検討する政府の有識者会議の初会合が18日に開かれるが、変更の必要はないとの声 が強まる結果となった。

 安倍内閣の支持率は47・6%と3・4ポイントの増。初めて40%を割り込んだ3月を底に4月に反転し、今回、回 復基調に乗っていることが確認された形。安倍晋三首相が4月下旬の靖国神社の春季例大祭で供物を奉納したことに関し、事実を明確に認めていないことについ ては「適切だと思わない」(62・1%)が「適切だと思う」(32・2%)に大きく差をつけた。

 集団的自衛権行使禁止の解釈で「今のままでよい」が増える一方、「憲法解釈を変更し、行使できるようにすべきだ」との回答は5・0ポイント減の13・3%。「憲法改正し、行使できるようにすべきだ」はほぼ横ばいの19・1%だった。

(共同)
 

« たたかいはあらたな段階にはいった | トップページ | 雑記(5)~この10年のたたかいをふりかえって »

集団的自衛権」カテゴリの記事