無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 与党の今後の計画 | トップページ | 本日の衆院憲法特理事懇などの報告と提案 »

2007年3月19日 (月)

メディアによる世論のミスリード

 以下は「共同」の報道です。各報道が法案の問題点を民主案と与党案の相違点にだけしぼり、あたかも合意が進んでいるかのように描き、議論の収束に加担することは世論の重大なミスリードです。
 22日の公聴会では私(高田健)も公述人になりそうです。詳細は後日、お知らせします。
 22日(午前・午後)の公聴会の傍聴と、議面集会(12:15~衆院議員面会所内)に結集を。
http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2007031801000547.html

改憲賛否は「18歳以上」
 国民投票の与党修正案

 自民、公明両党は18日までに、憲法改正手続きを定める国民投票法案と国会法改正案の与党修正案をまとめた。(1)投票年齢を「20歳以上」から「原則18歳以上(当面は20歳)」に変更(2)両院に設置する「憲法審査会」での改憲案審議は公布後3年間は行わない-などが柱で、共同修正協議で民主党と合意した内容をほぼ取り込んだ。民主党と折り合わなかった国民投票の対象は、当初の与党案通り改憲案に限定するとした。

 22日の衆院憲法調査特別委員会(中山太郎委員長)の公聴会を踏まえ、与党内で最終調整した上で国会提出する。民主党にもぎりぎりまで協力を呼び掛けるが、不調の場合は4月中旬に与党単独でも衆院を通過させ、今国会中の成立を図る考えだ。

 ただ自民党内には、民主党との共同修正が難しくなったのを受け「与党案を修正せずに採決すべきだ」との声も根強く、調整が難航する可能性もある。
(共同)
(2007年03月18日 18時42分)

« 与党の今後の計画 | トップページ | 本日の衆院憲法特理事懇などの報告と提案 »

「改憲手続き法案」カテゴリの記事