無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« メディアによる世論のミスリード | トップページ | 闘い続けることで勝機をひらこう »

2007年3月20日 (火)

本日の衆院憲法特理事懇などの報告と提案

本日午前10時から、衆議院憲法調査特別委員会理事懇談会がありました。野党側から、先日(15日)の強行採決の抗議を受けて、協議した結果、以下の方向がだされつつあるようです。
①22日の公聴会は予定通り、午前、午後と行う。
②地方公聴会は28日(水)に2箇所で1日だけ行いたいという与党の提案があった。未定(新潟と大阪でやるなどと言うことになるかも知れない)。民主党は憲法調査会と同じ9ブロックでの開催、社民党は47都道府県での公聴会の開催を要求しているが・・・。
③中央公聴会に13名の一般公募の応募があった。野党は、これをどうする気かと追及し、結局、22日の8:50~委員会を開いて、4月5日(木)に再度、中央公聴会を開いて、これらの応募者に発言してもらうようにすることになった。
22日の委員会で決まったらサイトで告知し、さらに応募者を募集する可能性もある。
④与党は民主案を「一般的国民投票」を棚上げ、継続して検討、などにした上で、かつての共謀罪と同様に「丸呑みする」戦略に出てくるだろう。その場合、民主党がどのような対抗手段をとるのか。参院民主党がどのように抵抗できるのか。
国会内外で頑張って、衆議院の採決をここまで引き延ばしてきた。さらに1週間引き延ばせば参議院での審議日程の確保は非常に困難になり、勝利の可能性が見えてくる。ここ一番、力を振り絞って、頑張らねばなるまい。
⑤本日、市民連絡会の女性たちは7名で、主に衆議院・参議院の民主党と公明党の役員、及び憲法特の委員たちを対象にロビーイングをやった。
⑥明日は、イラク戦争まる4年、「WORLD PEACE NOW」だ。
⑥22日の公聴会は午前の公述人は小澤隆一さん(九条の会事務局員)など3名、午後は私・高田健など3名。昼休みは議面集会。ぜひ傍聴も議面集会も結集を。
⑦26日は国会へ行こうアクションのヒューマンチェーン。
⑧いまこそ、できることは何でもやろう。
-----------------

« メディアによる世論のミスリード | トップページ | 闘い続けることで勝機をひらこう »

「改憲手続き法案」カテゴリの記事